Sync Health Blog

低血糖とはどのような症状?~原因や高血糖についてもわかりやすく解説~

  • カテゴリ
  • ※こちらの記事は広告が含まれます
低血糖とはどのような症状?~原因や高血糖についてもわかりやすく解説~

当記事の執筆は、管理栄養士  前間弘美が担当しました。
*シンクヘルスブログ監修・執筆者情報一覧はこちらをご覧ください

急に冷や汗が出たり、手が震えたりしたことのあるあなた。その症状は低血糖によるものかもしれません。

糖尿病でインスリン注射や薬を服用している方は、低血糖を起こしやすいです。そのため、低血糖の予防や対処方法を知っておくことが大切なのです。

そこで、今回は低血糖についてお伝えいたします。症状や原因も解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

低血糖とは

低血糖とは、血糖値が低くなった状態のことです。

ちなみに血糖値は、血液中に流れているブドウ糖の量を示す値のことです。血液中のブドウ糖は、全身の細胞に移動してエネルギーとして使われます。

健康な方は自然と血糖値の調節をしているので、極端に血糖値が下がることはありません。ところが、血糖値を下げる薬を使用している糖尿病の方は、血糖値が下がりすぎて低血糖になることがあるのです。

参考記事:脳の栄養「ブドウ糖」とは〜効果から食べ物まで幅広く紹介〜

どのような症状がみられるのか

どのような症状がみられるのか

低血糖になり始めの段階では、

・体のだるさ
・冷や汗が出る
・手の震え
・動悸

 

といった症状が出るといわれています。この段階での血糖値の目安は70mg/dL以下です。

そして血糖値がさらに低くなり、50mg/dL程度になると、

・頭痛
・目のかすみ
・集中力の低下
・生あくび

 

などの症状があらわれ、もっと血糖値が下がり50mg/dL以下になると意識がなくなることもあります。

無自覚低血糖の場合も

普段から低血糖になりがちな方や自覚の少ない方は、冷や汗などの症状が出ないまま気付いたときにはかなりの低血糖になっていることがあります。

低血糖は危険な状態なので、できるだけ早く対処が必要です。

糖尿病は高血糖になるんじゃないの?

糖尿病は高血糖になるんじゃないの?

たしかに糖尿病は血糖値の高い状態が続くことで、引き起こされます。

しかし糖尿病の方が高血糖になるのは、インスリンという血糖値を下げるホルモンの作用が十分でないためです。そのため糖尿病の方は、注射や薬でインスリンの働きを補うことがあるのです。

そして、治療の過程で低血糖になる可能性があります。

参考記事:【医師監修】糖尿病とはどんな病気?症状・原因・治療などをわかりやすく解説

原因について

糖尿病の方が低血糖になる原因は、さまざまです。

たとえば

・インスリン注射や薬を飲んだ後の食事時間の遅れ
・食事量が少なかった
・運動量が多かった
・飲酒

 

などが挙げられます。

糖尿病の方は医師からの処方で、インスリン注射や血糖値を下げる薬を服用することがあります。しかし血糖値は薬だけでなく、食事や運動量などの生活習慣によっても変化するのです。

そのため食事量や運動量によっては注射や薬が効きすぎて、低血糖になることがあります

糖尿病でなくても低血糖になるのか

膵臓や肝臓の異常で、低血糖になることがあります。また反応性低血糖といって食後急激に上がった血糖値に伴い、必要以上のインスリンが分泌されて低血糖が起こることもあります。

何かおかしいなと思うことがあれば、病院を受診してくださいね。

低血糖の症状をチェックしよう

以下の表に低血糖の症状血糖値の目安をまとめました。

低血糖の症状チェック

当てはまる症状があれば、すぐに対処しましょう。また、以前に低血糖症状が起きたことのある方は、症状や状況を思い出し予防方法を考えるとよいですね。

対処法を紹介

対処法を紹介

もし「低血糖かも?」と気付いたら、すぐに血糖値を測定するか、測定できない場合はすぐにブドウ糖を摂ります。

1回に摂るブドウ糖の量は10gです。もし、15分経っても回復しない場合はもう1度10gのブドウ糖を摂取してください。

なお、意識のない場合は救急車を呼び、医療機関を受診しましょう。

1度低血糖になると、また低血糖になるのではないか、と不安に感じるかもしれません。そこで、経験を振り返って原因を探り、対処することが大切です。

日々の血糖値の記録だけでなく、食べたものや運動の記録をしておくと、あとから思い返すのに役立ちます。記録に便利なシンクヘルスアプリはこちら

参考記事:糖尿病の方にとってぶどう糖とは~オススメの摂り方も紹介~

高血糖とは

高血糖とは

高血糖とは、血糖値の高い状態が長く続くことです。高血糖状態が続くことで、糖尿病につながります。

原因と症状

高血糖になる原因は、おもに遺伝や生活習慣です。

症状は、

・のどの渇き
・尿が増えた
・体重減少
・疲れやすさ

 

などが挙げられます。

しかし上記の症状は、重度の糖尿病にならないとあらわれません。そのため検査を受けるまで、高血糖であることに気付かない方が多いのです。

健康診断などでこまめに検査することをおすすめいたします。

参考記事:【医師監修】糖尿病の前兆とは〜初期症状やサインを把握し早めに対応しよう〜

まとめ

以上、低血糖とは血糖値が低くなった状態のことで、インスリン注射や血糖値を下げる薬を服用している方に起こりやすいとわかりました。

血糖値は薬だけでなく、食事が少なかったり運動量が増えたりすることで下がります。すると糖尿病の方は薬が効きすぎて、低血糖を引き起こすことがあるのです。

1度低血糖を起こすと、不安に感じるかもしれません。しかし大切なのは、経験を活かして対処方法を考えることです。自分が低血糖を起こしやすい状況がわかると、安心できますね。

なお、弊社の開発する無料アプリ・シンクヘルスでは体重・カロリー&糖質を含む、食事・血糖値などの記録がカンタンにできます。日々の健康管理でぜひ活用してみてください。

糖尿病の記録 体重の記録 血圧の記録 生活習慣病の管理はシンクヘルスで一括管理

参考文献
・国立国際医療研究センター 糖尿病情報センター 低血糖 糖尿病とは
・医療情報科学研究所編 病気がみえるvol.3 糖尿病・代謝・内分泌 第5版 株式会社メディックメディア

 

LATEST BLOG最新ブログ記事

記事一覧へ