Sync Health Blog

やっぱりすごい!うなぎの栄養成分~体に嬉しい効果について詳しく解説~

  • カテゴリ
やっぱりすごい!うなぎの栄養成分~体に嬉しい効果について詳しく解説~

当記事を監修した専門家:管理栄養士・調理師 前間弘美、編集長 宮田亘造(詳しいプロフィールはこちらをご覧ください)

夏のスタミナ源として、土用の丑(うし)の日に食べる方も多いうなぎのかば焼き。そんなうなぎの旬は、実は冬眠に向けて栄養をため込む冬です。

そこで、今回は古くから親しまれてきたうなぎの栄養素や効能について、わかりやすくお伝えしていきます。ぜひ最後までお付き合いください。

うなぎの栄養素と効能

うなぎの栄養素と効能

うなぎには、私たちの体にとって嬉しい栄養素が多く含まれます。では早速、順に解説していきますね。

健康に良い脂質DHA・EPA

うなぎは、DHAやEPAといった不飽和脂肪酸が豊富ですDHAは、脳の発達促進や視力の低下予防・動脈硬化の予防改善EPAは高血圧予防や炎症を抑える働きが期待できます。

DHAやEPAは、肉の脂に含まれる飽和脂肪酸(※)と違い、うなぎなどの魚油に含まれ健康によい脂質です。

(※)飽和脂肪酸は私たちの体に必要な栄養素ですが、摂り過ぎることで血中コレステロールが増加し、心筋梗塞などの原因となります。

なお、DHA・EPAを含むn-3系不飽和脂肪酸の目安摂取量は、18歳以上の男性で1日2g以上のところ、うなぎ100gあたりでは2.4gも含まれています。そして、DHAやEPAは私たちの体内では作ることができないため、積極的に摂りたい栄養素ですね。

参考記事:さばのカロリーは高いが糖質は低い~ダイエット中の食べ方についても詳しく解説~

目や粘膜の健康を保つレチノール

ビタミンAの主成分であるレチノールは、脂溶性ビタミンに分類され目や皮膚の粘膜を健康に保つほか、抵抗力を高める効果が期待できますそしてうなぎのかば焼きを約1/3パック食べると、1日に必要なビタミンAをほぼ満たすことが可能です。

骨や歯をつくるカルシウム

うなぎは、骨や歯の構成成分になるカルシウムも豊富ですカルシウムは私たちの体に最も多く存在するミネラルで、ストレスを和らげたり血が固まるのをサポートする働きも期待できます。

なお、カルシウムが豊富なことで有名な牛乳には、100mlあたり110mgのカルシウムが含まれています。一方でうなぎのかば焼きは100gあたりのカルシウム含有量が150mgで、牛乳よりも多いです。カルシウムを積極的に摂りたい方にとって、うなぎは嬉しい食材ですね。

参考記事:きくらげの意外な栄養成分~体に嬉しい効能とデメリットもお伝えします~
参考記事:【意外に知らない】わかめの栄養成分~健康効果を詳しく解説~

疲労回復にビタミンB1

うなぎには疲労回復に効果があるビタミンB1も豊富に含まれ、魚介類ではトップクラスに入ります。体力を消耗しやすい夏にも、うなぎは効果がある食材といえますね。




男性に嬉しい効果あり?ビタミンE

脂溶性ビタミンに分類されるビタミンEは、抗酸化作用が強いため血中LDLコレステロールの酸化を抑えたり、老化防止、さらには生殖機能を維持する働きも期待できます

筋肉の構成成分となるたんぱく質

魚介類に分類されるうなぎは、動物性たんぱく質食品です。

たんぱく質は体を作る構成成分というだけでなく、体の機能を調整する働きもしているため、不足すると抵抗力が弱くなり筋力が低下します。

女性に嬉しい効果のあるコラーゲン

皮膚や軟骨の構成成分であるコラーゲンも、うなぎには含まれています。コラーゲンは皮膚の弾力を守る働きも期待できるので、女性にはとくに嬉しいですね。

うなぎは「栄養がない」「体に悪い」って本当なの?

うなぎは「栄養がない」「体に悪い」って本当なの?

先程もお伝えした通り、うなぎにはビタミンやミネラルが豊富に含まれるため、栄養がある食材といえます。ただし、脂溶性ビタミンであるビタミンAも含まれているため、食べすぎると頭痛などを引き起こす過剰症の問題もあり、注意が必要です。

なお、「うなぎと梅干しは食べ合わせがよくない」と聞いたことのある方は多いかと思いますが、実は医学的根拠はありません。ただし、梅干しは胃酸を分泌させて食欲を増進させるため、贅沢(ぜいたく)なうなぎをたくさん食べないように、いましめとして伝えられたという説もあります。

うなぎは高齢者の栄養補給にも

うなぎには高齢者(※)に不足しがちな、カルシウムや鉄や亜鉛・ビタミンA・ビタミンB1・DHA・EPAといった栄養素を含んでいる食べ物です。

(※)WHO(世界保健機構)の定義では、65歳以上の人を指します。

さらに年齢を重ねると、若い時に比べて食事量が減る上にメニューもかたよることが多いため、たんぱく質やビタミンやミネラルが不足する傾向にあります。とくに肉や魚、卵などのたんぱく質を摂る機会が少なくなると、栄養の状態が低くなる可能性もあるのです。

そこで、上記でご紹介した栄養素が含まれるうなぎは、高齢者の栄養補給におすすめしたい食材といえます。




毎日食べるとどうなるのか

結論から申し上げますと、うなぎを毎日食べるのはあまり体に良くありません。なぜなら繰り返しになりますが、うなぎにはビタミンAが豊富に含まれており過剰症の問題も出てくるからです。

栄養豊富なうなぎですが、毎日食べるのは控えた方がよいでしょう。

まとめ

うなぎの栄養のまとめ
以上、うなぎにはDHAやEPA・ビタミンAやカルシウムなどの、栄養素を豊富に含む食材であるとわかりましたね。そして、市販のうなぎのかば焼きを約1/3パック(約50g)食べると、1日に必要なビタミンAをほぼ満たすことができるのもポイントです。

しかし、脂溶性ビタミンであるビタミンAには過剰症の問題もあるため、うなぎを毎日食べるのは控えた方がよいでしょう。なお、うなぎのビタミンやミネラル、たんぱく質は、高齢者の栄養補給にもおすすめです。

それでは今回の記事をきっかけに、栄養豊富なうなぎをうまく摂り入れていただけると嬉しいです。

なお、弊社の開発する無料の人気アプリ・シンクヘルスでは食事、体重、運動、血糖値の記録がとてもカンタンにできます。日々の健康管理・維持にぜひ活用してみてくださいね。


 

参考文献
日本食品標準成分表 2020年度版(八訂)
カロリーSlism  TOP
農林水産省 うちの郷土料理 うなぎ豆腐 島根県 特集1 だから、お魚を食べよう!(1) 脂質による健康影響
 特集2 鰻(1)
総務省統計局 土用の丑の日と「うなぎのかば焼き」
独立行政法人福祉医療機構 第17回 うなぎの炊き込みごはん
J-Stage 講座 うなぎ
厚生労働省 e-ヘルスネット
公益財団法人長寿科学振興財団 健康長寿ネット
身体によい脂肪酸とは:トランス脂肪酸とω(オメガ)脂肪酸の役割
厚生労働省 脂質 高齢者がよりよく生きるための日本人の食事を考える

LATEST BLOG最新ブログ記事